このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

特殊工法も松原興業にお任せください。
硬質地盤クリア工法
硬質地盤クリア工法の詳細はコチラ
環境対応型圧入機硬質地盤クリア工法

硬質地盤クリア工法

玉石混りの砂礫層や岩盤などの硬質地盤に鋼矢板を打設する場合、掘削機と杭打機の2種類の大型機械を用いて作業を行うのが一般的ですが、工期・工費に問題があり環境への悪影響も甚大で、安全性にも難点があります。
そこで、これらマイナス面を全て克服すべく開発されたのが「硬質地盤クリア工法」です。鋼矢板とオーガを連動させながら圧入することで騒音・振動を最小限に抑え、圧入機本体も軽量・コンパクトなので周囲への威圧感もなく高い安全性を誇ります。
また、従来工法では困難とされた傾斜地や水上での施工も可能となり、システム技術による仮設レス化で環境負荷を大幅に低減させました。

圧入の優位性

  • 無振動・無騒音
  • 転倒しない
  • 圧入機本体は軽量・コンパクト
  • 杭の支持力を確認しながら施工できる
  • 高精度の施工ができる
上部障害クリア工法
上部障害クリア工法の詳細はコチラ
環境対応型圧入機

上部障害クリア工法

本工法は、橋梁高圧電線の下、あるいは地下アンダーピニングでの矢板・杭打設等上部障害のある現場において、これら障害を払拭するために機械寸法を徹底的に圧縮し、杭材を搬送するパイルランナー等関連機械とのシステム化(GRBシステム)を図った静的荷重による鋼矢板・鋼管杭の圧入工法です。
従来、鉄道橋や道路橋などの橋脚改築にあたっては、一旦上部工を壊して橋脚を改築した後新たに上部工を新設する方法が採られていました。しかしこのような方法では工期が長くかかるうえ大掛かりな仮設が必要なことから工事費の増大を招き、さらには交通遮断による社会的コストに及ぼす影響も多大なものがありました。
これに対して本工法は、既往の交通にまったく支障を来たすことなく既設橋脚桁下護岸などの補強、更生をすることが可能です。

ノンステージング工法
ノンステージング工法の詳細はコチラ
Page top